トビタテ!留学JAPAN【公式note】

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。

トビタテ!留学JAPAN【公式note】

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。

マガジン

  • 今、トビタつ私たち -トビタテ奨学生の留学ビジョン-

    2014年から毎年、志あふれる若者の留学を民間寄附で支援してきた日本代表プログラム。 コロナ禍で1年半ほど海外渡航への支援を中断していましたが、2021年夏以降、9ヶ月以上の留学支援を再開し、2022年3月以降は短期留学も奨学金の対象となりました。 トビタテ奨学生としてニューノーマル時代の留学にトビタつ若者の志と留学計画、意気込みなどを御紹介します。 ぜひ応援をお願いします。

  • 留学関連イベントまとめ

    • 22本

    留学体験や準備に役立つイベントの情報をまとめてご紹介します。

  • 留学生たちの就職事情

    大学を休学してもきちんと就職できるの?どのように就活の準備を進めたら良いの?留学が就活に与えるメリットとは? 海外ボランティアや海外インターンを経験した先輩たちの気になる大学休学の真相や就活のために準備するべきこと、就活のスケジュールについてインタビューしました。 先輩の体験談を読んで、留学後の就活にまつわる不安を解消しよう!

  • 【海外大学院進学について】留学ホットラインにきた相談と回答

    【みんなどんな相談をしているの?カウンセラーのアドバイスは?】 トビタテ!留学JAPAN(文部科学省の海外留学促進事業)が提供する海外留学相談ホットライン(無料)にお寄せいただいた皆様からの相談と、カウンセラーによる回答文の一例をシェアします。(個人が特定されないように編集済み)誰かのギモンはみんなのギモンだったりします。ぜひ参考になさってください。

ウィジェット

最近の記事

  • 固定された記事

今すぐ応募できる海外留学奨学金まとめ

現在募集中や近く募集開始予定の海外留学奨学金情報をまとめました。 締切日が近い順に並んでいます。 ※詳細は応募要項のHPを参照の上、さらにご不明の点は各奨学金窓口までお問い合わせください。 通年応募可能:フィンランドEDUFI奨学金 募集期間:〆切はないものの、留学開始5か月前に申請が必要 対象:postgraduate studies/research の留学生のみで、Master's level や post-Doctoral studies/research は対象

    • フードロス0を目指してアメリカのフードバンクを学ぶ トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

      留学内容アメリカのフードバンクでボランティアをし、日本との違いを学んでいます。フードバンクとは、お店や家庭で余った食料を集めて食事に困っている人に無償で提供している活動です。 高校生の頃からフードロスに興味があった私は、その解決方法としてのフードバンクにも関心を持っていました。しかし日本のフードバンクには寄付や資金不足などの課題が多くあり、まだまだ改善の余地があると考えていました。そこで私は、フードバンク発祥の地であるアメリカの発展したフードバンクの仕組みを学びたいと思いま

      • 日本とインドネシアのWin-Winなバイオマス利用を目指して トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

        留学内容インドネシア ガジャマダ大学にダブルディグリープログラムで留学をしています。このプログラムでは、研究を日本とインドネシアで行い、それぞれで修士論文を書くことが要求されているため、インドネシアではパーム農園に由来するバイオマスを対象に研究を進めています。というのは建前で、一番の留学の目的は日本・現地でのネットワーク作りです。学会に参加して他大学の研究者の人と交流したり、インドネシアでのパーム企業やユーカリ植林企業に訪問を行うことに加え、日本の研究期間から派遣されてくる研

        • フィリピンにおけるゴミ処分場の衛生環境を良くするために トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

          留学内容私はフィリピンのゴミ処分場の生ゴミをゼロにすることを目的に留学を行っています。フィリピンを含め、途上国にはゴミ山でゴミを拾い売ることで生活をする人々がいます。この人々がどう感じ、生活をしているのか確かめたいと思い、2019年にフィリピンのゴミ山に赴きました。聞き込みでは、劣悪な環境で厳しい生活をしているけれど、日々幸せだと回答を頂きました。このとき、職を失わず、この人々の為になる技術の導入が重要だと身に染みて感じました。ここでゴミ処分場の劣悪な環境の部分に着目し、原因

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 今、トビタつ私たち -トビタテ奨学生の留学ビジョン-
          トビタテ!留学JAPAN【公式note】
        • 留学関連イベントまとめ
          トビタテ!留学JAPAN【公式note】 他
        • 海外進学体験記
          トビタテ!留学JAPAN【公式note】
        • 留学生たちの就職事情
          トビタテ!留学JAPAN【公式note】
        • 【海外大学院進学について】留学ホットラインにきた相談と回答
          トビタテ!留学JAPAN【公式note】
        • 【海外大学進学について】留学ホットラインにきた相談と回答
          トビタテ!留学JAPAN【公式note】

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「トビタテ! 留学JAPAN 事後研修」基調講演で、JT取締役会長の岩井睦雄氏に御登壇いただきました。

          2022年12月18日、都内で開催された「トビタテ! 留学JAPAN 日本代表プログラム 2022年度冬季事後研修」のグローバルリーダー基調講演で、今年は日本たばこ産業株式会社(JT) 取締役会長の岩井睦雄氏にご登壇いただきました。 ひとつの企業で築いたキャリアパス1960年生まれの岩井氏は、大学で経済を学んでいたため「就職先は銀行か」と漠然と考えていたそう。しかし高度経済成長期のさなか、銀行での就職活動のなかでその採用基準に疑問を感じ、「モノを作っている会社」に興味を示す

          障がいのある子どもたちの可能性を広げられる教育を トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

          留学内容留学のスタートはシドニーで迎えました。シドニーの語学学校に通って、実践活動に備えて、英語力を伸ばしていました。ここで出会った留学生たちとはほぼ毎日メッセージのやり取りをするほど仲良しです。留学という同じ目的を持った仲間に出会えたことによって、心が折れそうになっても、また頑張ろうと思えています。その後は、キャンベラに引っ越して、TAFE(公立職業訓練学校)の障がい者支援のコースに通いながら,Teaching Assistantとして特別支援学校で実践活動を行っています。

          トビタテ生によるトビタテ生のためのプレゼン大会「magpie’s」 in Osaka 開催レポート

           12月3日(土) 13:00〜18:30に、留学の成果を先輩から後輩へ語り継ぐ交流イベントを「トビタテ!留学JAPAN(以下、トビタテ)」事務局とトビタテ同窓組織とまりぎ (高校チーム)で共催しました!その名も、トビタテ生によるトビタテ生のためのプレゼン大会「magpie’s」 in Osaka。「magpieʼs」とは、鳥がついばむ様子という意味のmagpie(マグパイ)が由来で、お互いの経験や知識をついばみ糧になる場をつくろうという願いを込めています。 コロナ禍後、初め

          【イベントレポート】「トビタテ!留学JAPAN第1ステージ成果報告会~第2ステージに向けて~」を開催しました。

           2022年11月18日(金)16時より、文部科学省内講堂にて「トビタテ!留学JAPAN 第1ステージ成果報告会~第2ステージに向けて~」を開催しました。  支援企業・団体の皆様をはじめ、これまでトビタテのプロジェクトにご尽力いただいた方々をお招きしました。当日は永岡桂子文部科学大臣も出席し、トビタテ生50名弱を含む、およそ150名が参加し、盛会となりました。  イベント前後にはトビタテ生によるポスターセッションや、オリンピックメダリストのパネルやプロサッカー選手のユニフォー

        • 12/27 #せかい部主催イベント「スウェーデン大使館ツアー」開催決定!✨

          約3年ぶりに大使館ツアーが復活です! 今回は北欧の「スウェーデン大使館」にご協力いただきまして、みなさんをご招待いたします!✨ 留学に興味がある、気になっている、または行きたくてうずうずしている中高生のみなさん! 是非この機会に海外の文化に生で触れてみましょう!😆 イベント内容は、大使館スタッフの方によるの館内見学や、大使からのご挨拶(※公使参事官に変更)、大使館の方へのインタビュー、記念撮影などを予定しています。 ご参加お待ちしております♪

        • 12/7 (wed)開催!✨”他者に思いを馳せる優しい社会” を目指して~高校留学を経て世界の最前線に迫る 大学生ジャーナリスト~

          みなさんこんにちは! #せかい部運営メンバーの美月です🌙 コロナ禍の渡航制限も緩和され、 留学に行ってみたいな〜と考えている人も増えているのではないでしょうか! 一方で留学でいったい何が得られるんだろう?と具体的なイメージが湧かずに不安に思っている人も多いかと思います😖 今回は、高校時代のイタリアへの留学をきっかけに現在世界中を飛び回り、活躍されているジャーナリストの小西遊馬さんをゲストにお招きし、 「”他者に思いを馳せる優しい社会” を目指して ~高校留学を経て世界の

          小・中学校をつなぐ!プログラミング教育のカリキュラムマネジメント トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

          留学内容「小・中学校が連携したプログラミング教育のカリキュラムマネジメント」をテーマにスウェーデン留学を志しました!  日本の小学校でプログラミング教育が導入されてから、プログラミング教室に通う児童も増えており、中学校に進学する前段階の学習経験や習熟度などに差がある可能性があります。その状況下で、中学校の技術分野の教員として、小学校での学習経験を活かした体系的なカリキュラムを作成するためには、①初等教育でどのようなプログラミング教育を実践すれば、子どもたちは何ができるようにな

          世界の先住民族のロールモデルを紐解くマオリ留学 トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

          留学内容 ニュージーランドの先住民族マオリの文化、言語、ビジネスをロンドン(!)で学びました!私はマオリの伝統的な踊りを披露したり、マオリの知識やフィロソフィー、そしてハカを活かして世界各地の企業や団体をエナジャイズ(energize)するロンドン拠点の企業”ハカ・ワークス”、そして60年以上マオリを含むニュージーランド人の重要な憩いの場となってきたンガティ・ラナナ・ロンドン・マオリクラブの2か所で主に学びの機会を得ていました。活動内容としては、カパ・ハカ(マオリの伝統芸能)

          技術×デザイン思考で日本の技術力に新たな市場的付加価値を与える トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

          留学内容 工学研究科で研究してきた経験と、企業への事業提案やアメリカでのMBA研修などに多数参加してきた双方の経験から、日本における技術開発が市場と大きく乖離しているのではないかと疑問を持つようになりました。そこで、技術者への起業家教育を学ぶために、工学系学位を持つ学生に起業家教育を専門に行う学科があるデンマーク工科大学へ交換留学しています。大学では、研究室や支援企業の技術を用いて、その技術が市場にどういった価値を与えられるかを考え、実際にスタートアップを立ちあげます。後半は

          海外ルーツを持つ子供への日本語教育を通した多文化共生社会形成 トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

          留学内容 日本に住む海外ルーツを持つ子供へ日本語教育を学校外で行うことのできる環境作りを学ぶためにドイツへ留学しています。ドイツは移民・難民が多い国であり、街のあちこちからドイツ語以外の言語が聞こえてきます。国の事情や家族の事情でドイツに来た海外の子供が、現地(ドイツ)でスムーズに生活したり学校へ通うための、支援環境の仕組みについて学びます。現地では現在、海外から来た人が無料でドイツ語を学べる教会でボランティアをしています。私は主に子供とドイツ語で声かけをして遊んだり、来た人

          創造力に富む英国で現代建築のデザインと独創的な思考・発想を学ぶ トビタテ奨学生【高校生等コース】の留学ビジョン

          留学内容 とにかく海外に行きたいという思いで見つけたトビタテ。「留学って語学だけじゃないんだ」というのを知り、昔からよく祖父に連れられたくさんの城を見ていたので、建築を結びつけたいと思い、たくさんの世界の建築を調べ、自分の興味とマッチする国を探しました。そこで、イギリス  ロンドンの街並みに憧れ、またロンドンには自分の好きな建築デザイナーの事務所があるのを知り、留学を決めました。現地では、建築事務所にインターンを行ったり、建築家の方と最近発展した街を歩くことでイギリス  ロン

          換金作物の育種家になるための私の挑戦! トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

          留学内容 私はサブサハラ・アフリカの貧困問題解決に貢献する換金作物の育種家になることを目指しています。そこで現在、アフリカの地でインターンシップ(ルワンダ)と交換留学(ウガンダ)を行っています。インターンシップでは、ルワンダのコーヒー会社で、換金作物の加工方法とその加工システムの選択理由について、また農家さんのもとに何度も訪問をして現場の状況把握を行い、そのうえで農家さんが農園を良くしていくために第一に何をするべきなのかを一緒に考えました。交換留学では、ウガンダのマケレレ大学