マガジンのカバー画像

今、トビタつ私たち -トビタテ奨学生の留学ビジョン-

39
2014年から毎年、志あふれる若者の留学を民間寄附で支援してきた日本代表プログラム。 コロナ禍で1年半ほど海外渡航への支援を中断していましたが、2021年夏以降、9ヶ月以上の留… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

小・中学校をつなぐ!プログラミング教育のカリキュラムマネジメント トビタテ奨学生…

留学内容「小・中学校が連携したプログラミング教育のカリキュラムマネジメント」をテーマにス…

世界の先住民族のロールモデルを紐解くマオリ留学 トビタテ奨学生【大学生等コース】…

留学内容 ニュージーランドの先住民族マオリの文化、言語、ビジネスをロンドン(!)で学びまし…

技術×デザイン思考で日本の技術力に新たな市場的付加価値を与える トビタテ奨学生【…

留学内容 工学研究科で研究してきた経験と、企業への事業提案やアメリカでのMBA研修などに多…

海外ルーツを持つ子供への日本語教育を通した多文化共生社会形成 トビタテ奨学生【大…

留学内容 日本に住む海外ルーツを持つ子供へ日本語教育を学校外で行うことのできる環境作りを…

創造力に富む英国で現代建築のデザインと独創的な思考・発想を学ぶ トビタテ奨学生【…

留学内容 とにかく海外に行きたいという思いで見つけたトビタテ。「留学って語学だけじゃない…

換金作物の育種家になるための私の挑戦! トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビ…

留学内容 私はサブサハラ・アフリカの貧困問題解決に貢献する換金作物の育種家になることを目…

多様性を認め、主体性を育む教育へ!! トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

留学内容 フィンランドの教育は先進的な教育法、高い学習到達度、多様性に対する理解、教員の働き方に対する高い満足度、などさまざまな面で高い評価を得ています。そんな「一人一人を尊重すること」を大切にするフィンランドの教育の実態をさまざまな角度から学び取るために、フィンランドの大学で教育学を学びながら、現地公立校の視察を行いました。 ①大学の講義では、フィンランドの教育システムや教育哲学、そして教科横断型学習などの教授法について学びました。そしてこれらの教師教育がどのように行われ

フランスの食生活から学ぶ、女性の社会進出 トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学…

留学内容 「フランスの食生活から学ぶ、女性の社会進出」をテーマに、フランスのパリで留学し…

みんなでデザインができるようになる社会を作る建築家への第一歩! トビタテ奨学生【…

留学内容 本留学では、これからの設計手法について問い直し、新しい建築や都市デザインの方法…

シミュレーションを用いて難病の治療・抑制に革新を起こす! トビタテ奨学生【大学生…

留学内容 私は将来、先端医療の開発に物理学の理論を応用し難病を抑制する新薬の開発や医療技…

これからの公共と建築 -コンペ先進国スイスで創りながら学ぶ12ヶ月- トビタテ奨学生…

留学内容 時代毎に移りゆく多様な社会課題に呼応するように、国家や地域毎で優れた建築デザイ…

国際実験で活躍する研究者を目指して トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョ…

留学内容 私は米国研究所に留学し、半導体デバイスの研究を行います。大規模実験の多い素粒子…

多様で持続可能な森林を! トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

留学内容 持続可能な自然、特に森林と人との関わりを学ぶことです!ヘルシンキ大学森林科学部…

スタートアップの現場を体感し、その海外進出の為の論理を学ぶ! 【大学生等コース】の留学ビジョン

留学内容 そもそも私の留学の目標は、「スタートアップの海外展開を促進することで、課題先進国としてスタートアップのロールモデルを国内外に示し、経済成長と社会課題解決を両立する日本」を実現できる人材になることです。この目標を達成するために、私は経済産業省の中期インターンシップに1か月間参加し、「つくば市の研究開発型スタートアップ育成」に取り組み、ヒアリングなどを通して政策立案の現場を体感した経験がありました。この経験を通じて、より良い政策立案のためにはファイナンス理論に基づく資金