トビタテ!留学JAPAN【公式note】
アースデイ〜キルギス共和国にて〜 トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アースデイ〜キルギス共和国にて〜 トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

トビタテ!留学JAPAN【公式note】

2014年から、毎年、志あふれる若者の留学を民間寄附で支援してきた日本代表プログラム。コロナ禍で全世界が感染症危険レベル2以上になり、1年半ほど海外渡航への支援を中断していました。(詳細はこちら )
2021年夏以降、トビタテ奨学生としてトビタち、留学生活を送っている若者の志と意気込みを御紹介していきます。ぜひ、応援をお願いします。

トビタテ生情報
名前:大石百音さん
学校:北海道教育大学函館校 教育学部地域協働専攻
留学先:キルギス共和国
留学期間:2021年10月~2022年8月

留学先での活動内容

毎年4月22日にあるアースデイ(地球の日)をきっかけにキルギスの環境問題をはじめとした諸問題について考えるイベントを現地の学生と協力して開催しました。ただかしこまったイベントにするのではなく、キルギスの国民性に合わせたり、楽しいイベントになるよう現地学生と話し合いました。Tシャツから作るエコバック、蜜ろうラップなど環境に考慮したワークショップや、折り紙、習字など日本の文化を体験できるコーナーを設けました。できることから少しずつできれば、自然と自分たちが住む環境もより良くなると考えています。あとは日本に行きたい学生が多くいるため、現地でできた数少ない日本人にも声をかけて日本の文化を体験してもらいました。そして、交換留学で来ているため、日本語学科の学生に対してトーキングクラブを定期的に開催して教科書にはない、若者目線での日本の現代事情を発信しました。

コロナ禍で留学準備をする上で感じたこと、心がけたこと

キルギスはとてもマイナーな国なので、コロナ禍でもそうでなくてもインターネットに情報があまりありませんでした。なので、交換留学の手続きの際に連絡していた現地の先生に色んな質問をして不安を解消させてから現地に向かいました。でも実際質問したこと以上にキルギスのコロナ事情は意外と楽観的でした。例えば、渡航した2021年10月時点から街中でマスクつけてる人は少なかったですし、風邪っぽくてもPCR検査を受ける人は私の周りではごくわずかでした。どこにいてもコロナだけではなく普通の風邪や流行病にかかる可能性はあるので、自分の体に合った薬を日本で多めに買いました。

留学中のエピソード

日本人が少ないキルギスでの生活はカオスの連続です。まず、一般市民の方々には「はじめて日本人に会った」と言われます。日本=アニメなのでアニメの話をたくさんされるので有名なアニメは見たほうがいいかもしれません。日本の歌を歌ってと急に言われて歌ったらInstagramのストーリーに晒されたりします。また、結婚式やコンテストでも日本の歌を披露してほしいとお願いされました。他にも田舎に向かう道中は羊や牛、馬などの家畜動物の渋滞でなかなか進まなかったり、湖のほとりでBBQをしていたら突然馬に乗らないかと農家さんが馬に乗って駆け寄ってきたりします。
キルギスの人々の陽気さ、優しさ、おもてなしの精神に触れたり、時には頼りながら楽しく生活しています!

留学経験を生かして実現したい志

なかなかうまくいかないことばかりだし、語学力にも正直自信がありません。最初は知り合いゼロから始まった私の留学ですが、アースデイのイベントを成功させれるくらい協力してくれる仲間が増えました。何が言いたいかというと、流暢に言葉を話すことも大切ですが、何より伝えようとする気持ち、相手に寄り添った思考、そして笑顔が大切なんだと思いました。この経験を活かして、誰かが何かを踏み出したり、勇気づけたり、笑顔になってもらう…そんなきっかけに私はなりたいです。今後私がどんな職業につくか答えは出ていませんが、人々に寄り添い、共に考え行動することで、真の意味で社会が豊かに、誰もが生きやすい、そんな世の中をつくりあげていきたいです。綺麗事だけを並べるのではなく、どんな形であれ実行にうつすことができる人間になりたいです。

後輩のみなさんへのアドバイス

まだ留学は終わっていませんが、現時点で本当に留学してよかったって思っています。正直楽しいことより辛いことの方が多かったです。良くも悪くも日本では経験できないような経験がたくさんできました。語学力に自信がなかったり、異文化に耐えれる自信がないなどの理由で踏みとどまってる人がいるかもしれません。でも大丈夫です、結果なんとかなります。少しでも留学したいなって思う人がいたらした方がいいです。言葉や異文化の壁があるかもしれませんが、逆に自分らしくなれるかもしれません。キルギスにきて、私のことを誰も知らない状況で、頑張って人脈を広げたり、言葉が不十分な分気持ちでコミュニケーションを乗り切りました。自分らしさ、に迷っている人や、何か成し遂げたいって思っている人は是非留学してみてください!

いかがでしたか?志豊かなトビタテ生の意気込みはマガジンにて配信中!
ぜひ、他の奨学生の記事もチェックしてくださいね。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
トビタテ!留学JAPAN【公式note】
文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。