アメリカの大学院進学についての基礎情報を詳しく知りたい!
見出し画像

アメリカの大学院進学についての基礎情報を詳しく知りたい!

アメリカの大学院進学に興味をお持ちの学生からの相談
留学についての基礎情報を詳しく知りたいです。

留学相談ホットラインにお問い合わせを有難うございます。
ホットラインでは、具体的な大学のご紹介や個々のお手続きなどに関してのご案内はできませんので、基本情報や調べ方などをご案内します。

【参考情報】トビタテ公式HP海外進学TOP 
お役立ちガイドや最新ニュースをチェック
https://tobitate.mext.go.jp/overseas

留学の基礎情報ということですので、まず出願までのスケジュールや準備についてご案内してみます。


■出願までのスケジュール

一般的には、
留学する前年の11月~1月頃までに出願となる場合が多いです。
大学によっても出願締め切り時期は異なりますが、大学卒業年度に入学する場合は大学4年生の秋ごろに出願と予定と考えておいた方が良いでしょう。

■出願に必要なもの

これも大学院プログラムによって求められるものが異なりますが、
一般的に必要となるものは以下の通りです。
①大学の成績 GPA
②語学力証明(TOEFLiBT90-100以上、IELTS7.0以上くらいが目安)
③GRE(大学院出願に求められる試験)
④教授の推薦状(2-3通)
⑤出願エッセイ(志望目的や研究計画など、課題が出る場合もあります)
⑥その他、プログラムで求められる書類など

■これからすべきこと

①大学リサーチ
大学院は専門分野ごとに細分化されていますので、
何を専攻するのかを明確にし、大学検索などでプログラム候補を
いくつかピックアップしながら、ご自身のリストを作成
していきます。
現在の担当教授に相談されるのもよいと思います。
出願には、推薦状をいただく必要がありますので、早い段階で相談をされた方がよいでしょう。

大学院をプログラムで検索できるサイト
USN- best graudate schools  
https://www.usnews.com/best-graduate-schools

ランキングサイト 
https://www.topuniversities.com/subject-rankings/2020
https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings

②語学学習
すぐにでも本格的にTOEFLまたはIELTSの試験対策をスタートしてください。
コミュニケーション中心のTOEICとは異なり、アカデミックなボキャブラリーやパッセージを読みこなしたり、スピーキングも根拠を示しながら自分の考えを主張するようなタイプの問題となります。
また、大学リサーチをされた際に、GREが求められているかどうかを確認
しましょう。
必要であればGREテスト対策も必要になりますが、TOEFLやIELTSのような英語を母国語としない方の英語試験とは異なり、英語を母国語とする米国学生が受験する大学院向けの試験ですので、難易度が高いです。
まずはアカデミックな英語力で基礎力を上げてから取り組まれた方がよいでしょう。
https://www.ets.org/gre/

③出願書類準備
今後、出願エッセイを作成することになりますが、
それまでにご自身のキャリアを見据えて、
何を専門に進みたいのか、
なぜその大学なのか、
といった中身を充実させる必要がありますので、
しっかりと大学比較のリサーチをしておかれることをお勧めします。

(481の相談)

#留学 #留学相談 #海外進学 #海外大学院 #アメリカ

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。