大学院進学の準備期間やリサーチ方法を知りたい!
見出し画像

大学院進学の準備期間やリサーチ方法を知りたい!

トビタテ!留学JAPAN【公式note】
現在修士1年生です。博士課程で海外大学院に行くには
準備期間が短すぎますか?

博士課程で特殊な研究をしたいと考えていますが、
そのような研究を行なっている大学院の調査方法がわかりません。
ネット検索ではかなり有名大学しかでてこないため、
より一層詳細な情報の調べ方が知りたいです。 

留学相談ホットラインメール相談は専用フォームから
相談内容を入力してください。
通常、2営業日程度で回答をメールにてご返信します。
海外大学院進学のご相談フォーム
海外大学進学のご相談フォーム
※土日祝祭日は営業していません。
※お盆・年末年始等を除く

この度は留学相談ホットラインにお問い合わせを有難うございます。

奨学金は様々なものがあり、それぞれに条件が異なりますので、
こちらでは参考サイトのご紹介になりますこと、ご了承ください。

■準備期間について

大学やプログラムごとに出願締め切りは異なりますが、9月入学の場合、前年の10月~1月頃の出願が多くなると思います。

準備期間としてはまだ時間がありますが、どのくらいの準備をされているのかなど個々の状況にもよりますので、出願に必要なものを確認して、各プログラムの条件を確認してゆきましょう。 

■出願に必要なもの

大学院やプログラムによって要求されるものは異なりますが、一般的に必要となるものは以下のようなものでの総合的な判断となります。

①英語力証明(TOEFLまたはIELTS)
②GRE
③GRESubject(Science, Engineering分野でSubjectテストを要求される大学もあります)
④大学、大学院の成績
⑤教授、上司の推薦状(2-3通)
⑥レジュメ(職務経歴や活動履歴)
⑦エッセイ(研究計画書のようなものや、課題が出される場合があります)

■大学リサーチについて

大学院は専攻ありきですので、ご自身の軸が決まっているのであれば、特殊な分野の場合、その研究を行っているのはどの大学なのか?どのような教授がその研究を行っているか?という観点で学会にアクセスし、論文執筆をしている研究者がどの大学に属しているかなどを調べてみてください。

そして、コンタクトを取る、または在籍されている大学の教授に相談することからのスタートになると思いますし、もう少し大枠からリサーチするのであれば、分野ごとに検索できるサイトや大学ランキングなどを利用してみてください。

そこから、関連関連研究ができそうな大学をピックアップし、各大学のHPでプログラム詳細や出願条件などを確認し自分の大学リストを作成、不明な点はご自分のレジメなども添えて、直接問い合わせする。
というようなステップを踏むことになると思います。

大学サーチをする際に、参考になるサイトをご紹介します。

アメリカ 大学院ランキングを分野で検索可能
https://www.usnews.com/best-graduate-schools

世界の大学ランキングはsubjectに絞って検索も可能
https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings

プログラムによって、博士トラックとしてしか入学を許可しないプログラム(修士課程からしかは入れない)もあれば、修士と博士課程それぞれのトラックがある大学もありますので、合わせて確認をしましょう。

なお、博士課程はご自身の専門研究分野を明確にし、指導教授を見つけるというプロセスが必要になるため、直接大学院のその分野の教授にコンタクトを取ったり、プログラムコーディネーターを通して教授につないでいただいたりして、事前にコミュニケーションをとっておくことが大切です。

また今の大学の教授に相談をされて、その分野でよい大学院やその研究をされている教授を紹介いただくこともとても有効です。
教授の推薦状は必ず必要になりますので、早い段階から相談をされることをおすすめします。

(533相談)
#海外大学院 #進学 #リサーチ #方法 #調べ方 #海外留学

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
トビタテ!留学JAPAN【公式note】
文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。