アメリカ大学留学についての手順や、留学までのサポート機関、奨学金について知りたい!
見出し画像

アメリカ大学留学についての手順や、留学までのサポート機関、奨学金について知りたい!

お子さまのアメリカ大学進学を検討中の保護者の方からのご相談
留学についての手順や、留学までのサポート機関などがありますか?
奨学金についても教えてください。

ホットラインでは、具体的な大学のご紹介や個々のお手続きなどに関してのご案内はできませんので、基本情報や調べ方などをご案内します。

【参考情報】トビタテ公式HP海外進学TOP 
お役立ちガイドや最新ニュースをチェック
https://tobitate.mext.go.jp/scholarshipsearch/

■留学についての手順や留学までのサポート機関

海外の場合、日本のような入学試験というものはありませんので、
以下のような書類で審査されます。

① 高校の成績(4年制大学の目安 評定平均5段階で3.5-4.0以上) 
②英語力証明(4年制大学の目安 TOEFLiBT80以上またはIELTS6.0以上)
③願書(課外活動履歴なども記入する)
④高校の先生の推薦状
⑤出願のためのエッセイ
⑥その他大学や専攻によって求められる書類

スケジュールとしては、上記の書類などを、高校3年生の12月末ー1月上旬
ごろに出願
することになる大学が多いです。
大学によっては3月頃まで受け付けるところもあります。大学選択に関しては、条件と優先順位を考えてみるとよいでしょう。

例えば、
①どの地域に行きたいか 
②どのような環境で勉強したいか

(研究施設が充実した大規模総合大学、小規模で一人一人の教育に力を入れたリベラルアーツカレッジのような大学など)
③何を勉強したいか、それはなぜか
(学部ではまだ専門的なレベルまでは行かないとしても、特殊な分野に興味がある場合、それを勉強できる大学という観点で絞ることもできます)
④予算 など

これらの条件や、ご本人の成績や英語力で可能な大学が選択肢に入ってくることになります。
高校2年生の間は、成績や英語力をあげつつ、情報収集をしながらどこで、何をやりたいか、という自分軸を固めていくとよいでしょう。

■奨学金(給付型)の申請時期、奨学金制度の利用方法

奨学金は様々なものがあり、進学先の国のもの、日本の地方自治体のもの、民間団体のもの等、応募条件はそれぞれ異なります。

検索サイトをご紹介しますので、国や留学目的、専攻などで検索してみて、応募要件に見合うものがあれば、各団体のHPをみて募集時期を確認し、不明な点は直接問い合わせてみてください。
検索サイト  https://tobitate.mext.go.jp/scholarshipsearch/
奨学金情報サイト https://ryugaku.jasso.go.jp/scholarship/

最後に、海外大学進学の準備などに関しての動画をご紹介しておきます。
基本的なことが網羅されていますので、一度ご覧ください。

■トビタテ留学JAPAN 
高校生のための海外大学進学お役立ちガイド
https://tobitate.mext.go.jp/hs/bachelor_degree/
※ページ内、03海外大学進学講座(オンライン配信講座)の項目から、
基礎編、応用編がご視聴いただけます。

(335の相談)
#海外大学 #進学 #奨学金 #法律 #アメリカ   #海外留学

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。