海外大学院の出願時に有利となる職務経験を知りたい!
見出し画像

海外大学院の出願時に有利となる職務経験を知りたい!

現在大学3年生で、国際協力に将来携わりたいと考えています。
海外大学院に留学するのは社会人を経てからですが
今のところ、教育と開発の分野の大学院を目指しているため、
職務経験としては、やはり関連する分野のほうが良いのでしょうか?

この度は留学相談ホットラインにお問い合わせを有難うございます。

ホットラインでは、具体的な大学のご紹介や個々のお手続きなどに関してのご案内はできませんので、基本情報や調べ方などをご案内します。

【参考情報】トビタテ公式HP海外進学TOP 
お役立ちガイドや最新ニュースをチェック
https://tobitate.mext.go.jp/scholarshipsearch/


将来の国際協力のお仕事を目指し、社会人からの海外の大学院進学を目指されているとのことですね。

目指すキャリアのスタートとしては、そのために必要な条件(学位、専門分野、実践など)、そしてどの大学のどのようなプログラムでそれが可能になるのかをリサーチしてゆくことになりますね。

■出願の際の職務経歴については、特に職種の制限はありません。

ただし、どのような仕事をしたとしても、ご自身の専攻と職務経験などの軸がしっかりしていて、将来のキャリアプランをアピールできるようにはしておきましょう。

どのような仕事に従事し、どのような国際貢献をしてゆきたいかを明確にしておくと、大学院とその先の就職にも、一貫性、即戦力が評価されると思います。

(519の相談)

#社会人 #海外大学院 #就職後 #留学 #大学生 #国際協力   #海外留学

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。