大学院進学へのプロセスや、奨学金を借りないで行ける大学院について詳しく知りたい!
見出し画像

大学院進学へのプロセスや、奨学金を借りないで行ける大学院について詳しく知りたい!

農学系の大学に通う大学3年生からの相談
大学院進学へのプロセスや、奨学金を借りないで行ける大学院について詳しく教えてください。

留学相談ホットラインにお問い合わせを有難うございます。
ホットラインでは、具体的な大学のご紹介や個々のお手続きなどに関してのご案内はできませんので、基本情報や調べ方などをご案内します。

【参考情報】トビタテ公式HP海外進学TOP 
お役立ちガイドや最新ニュースをチェック
https://tobitate.mext.go.jp/overseas

■準備に関して

出願条件については、国や各大学によって若干異なりますが、
一般的には以下の書類で書類選考されます。

①大学の成績 GPA  (よい成績をキープ、3.4年生の成績は重要です)
②英語力証明 目安(TOEFLIBT90-100+)(IELTS7.0-7.5+)
③GRE (主に北米の大学ですが、大学院入学審査に求められる試験)
④推薦状 教授から2~3通
⑤レジュメ(履歴書、課外活動履歴)
⑥エッセイ(研究計画や、将来のキャリア、その大学院を希望する理由など)

大学卒業年の8~9月に海外大学院に入学するには、
大学4年生の秋~1月頃までに出願します。
遅くても年末までには、英語力・GREおよび出願書類作成を仕上げる
ことになりますので、早めに試験対策をスタートし、書類作成の準備を
進めておく必要があります。

大学リサーチに関して

大学院はキャリアプランのスタートとなりますので、専攻ありきです。
専攻でも分野が広い場合は、具体的にどのようなことを研究したいのか、
そのためにはどの国のどこの大学でそれが可能なのか、自分軸を決めて
大学リサーチ
を始めてください。

大学、プログラム検索などで候補をいくつかピックアップしながら、
それぞれの大学のHPでコース内容、入学条件、出願期日、費用などを
リストアップし、ご自身のリストを作成
していきましょう。
また、現在の担当教授に相談されるのもよいと思います。
出願には、推薦状をいただく必要がありますので、
早い段階で相談をされた方がよいでしょう。

大学院をプログラムで検索できるサイトをいくつかご案内します。

GradSchools.com https://www.gradschools.com/

Universitystudy.ca https://www.universitystudy.ca/search-programs/

Study UK- Find a University/course https://study-uk.britishcouncil.org/find

Campus France https://www.japon.campusfrance.org/ja

ランキングサイト https://www.topuniversities.com/subject-rankings/2020  
https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings

今すべきこととしては、大学院のプログラムリサーチ、教授への相談、
そしてよい成績を残すことと英語試験対策スタートになると思いますが、
研究分野の専門知識をつけておく、関連分野の活動などもあれば
実績になるでしょう。

■奨学金を借りないで済むプログラムについて

ホットラインでは個別の大学紹介などはしておりませんが、
学費がかからないという意味であれば、EU圏の一部の国などでは無償、
一部負担というケースがあったり、アジア圏の大学などはかなり費用は
抑えられる
というのも事実です。

また、現在MITをはじめTOPスクールなどでは、講義をネットで
公開しているケースもあり、広い意味での勉強はできると思いますが、
そのまま修士号取得につながるものではないとは思います。
海外では、大学院で学ぶ方の多くが何かしらの奨学金を受けている
という状況ですので、条件に合うものを見つけられるとよいですね。


奨学金情報サイト

https://tobitate.mext.go.jp/scholarshipsearch/
http://ryugaku.jasso.go.jp/scholarship/

(487の相談)

#留学 #留学相談 #海外進学 #海外大学院 #農学

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。