TOEFL受験など高校生のうちにやっておいた方がいいことが知りたい!
見出し画像

TOEFL受験など高校生のうちにやっておいた方がいいことが知りたい!

カナダの大学進学を検討している高校2年生からのご相談
TOEFL受験など高校生のうちにやっておいた方がいいことはありますか?

この度は留学相談ホットラインにお問い合わせを有難うございます。
奨学金は様々なものがあり、それぞれに条件が異なりますので、こちらでは参考サイトのご紹介になりますこと、ご了承ください。

【参考情報】トビタテ公式HP海外進学TOP 
お役立ちガイドや最新ニュースをチェック
https://tobitate.mext.go.jp/scholarshipsearch/

■カナダはどちらかといえばアメリカ型のように感じるのですが、どちらよりでしょうか?

カナダとアメリカは北米と称されるように、アメリカ型です。
ただし、ケベック州など、カナダは州によっても多少教育制度が異なりますので、志望大学によって確認をしておきましょう。

■TOEFLの受験は高校3年生になってからで間に合うのですか?

TOEFLは英検などとはタイプが違うテストになりますので、なるべく早めに一度は受検してみて自分のスコアを知り、どのセクションに重点を置いて勉強しないといけないのか等を考えて受験対策を進めていった方が良いと思います。
英語力の伸びは個人差がありますが、一般的に高校2年生くらいの基礎英語力の方が、本気で試験に向けて学習をした場合、最低スコアに達成するためにかかる期間は、9か月~1年くらいは見積もっておいた方がよいでしょう。
最終的には出願前までにスコアが出せれば大丈夫ですが、今後複数回受験することになるかと思います。
>TOEFL  https://www.cieej.or.jp/toefl/

■高校2年生のうちに必ずやっておかなくてはいけないことは何ですか?

英語の勉強もさることながら、一番大事なのは高校の成績をなるべく上げること。書類審査での合否は、成績(GPA)は重要ポイントです。
これからすべきことを上げてみると

①高校の成績をできるだけよい成績を残す
②先生にも推薦していただけるように、単にテストの点数だけでなく、他者にも認められるような行動で示せるようになること
③授業以外の活動(クラブ活動や委員会、学校以外で興味のある分野での活動など)に積極的に参加すること
④英語力(TOEFLなど学習と受験)
⑤ご両親の同意と協力を得てしっかりプランニングすること

などが挙げられます。

■カナダの大学に進学する方は少ないのでしょうか?

カナダへの進学留学をされる方はたくさんいますよ。
近年、アメリカよりも留学先として興味を持たれる方は多いです。
留学エージェントなどでは、セミナーや個人相談をオンラインなどでも開催しています。情報収集のためにもぜひ利用してみてください。

■カナダの大学に進学する場合も奨学金制度は使えますか?

はい、カナダへの留学は特別なものではありません、対象になる奨学金はいろいろあります。
ただし、奨学金団体によって募集要項は異なります。個人の条件によっても対象となるかは異なりますので、それぞれのHPで詳細を確認する必要があります。

奨学金参考サイト
https://tobitate.mext.go.jp/scholarshipsearch/
https://ryugaku.jasso.go.jp/scholarship/

(293の相談)

#留学 #留学相談 #海外進学 #カナダ #大学留学 #海外大学

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。