大学進学前に広い世界を見たい!100か国以上から集まる仲間とイギリスで留学中!~コロナ禍のリアル留学体験談
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

大学進学前に広い世界を見たい!100か国以上から集まる仲間とイギリスで留学中!~コロナ禍のリアル留学体験談

小宮南泉(KOMIYA Minami)
所属校名 (国名):United World College of Atlantic イギリス校(英国、ウェールズ)
留学期間 :2019年9月~2021年5月
留学内容: 経団連日本代表奨学派遣生としてUnited World College イギリス校に派遣(※)

UWC(ユナイテッド・ワールド・カレッジ、本部:ロンドン)とは、世界各国から選抜された高校生を受入れ、教育を通じて国際感覚豊かな人材を養成することを目的とする国際的な民間教育機関。

留学をしようと思ったきっかけは?

大学進学をする前に、留学をして広い世界を自分の目で見たかったからです。世界100ヵ国から集まる様々なバックグラウンドを持った生徒と、友達になり、共に2年間学び高め合い、自分の成長に繋げるため、また、貧困と教育という自身の探求テーマをより深めるため、留学を決意しました。

小宮さんイベント2

コロナ禍ゆえに大変だったことはありますか?

・一年生の時、2020年3月にコロナにより学校が閉鎖、一時帰国をしてからオンライン授業となり、時差が辛かったことです。
・2020年9月に無事に学校が再開し、対面授業も始まりましたが、ロックダウン中のために学校の敷地内から出ることを許されなかったことも大変でした。学校が自然が多く広かったため、まだ精神面は大丈夫でしたが、スーパーに買い物や現地の観光などは制限されました。
・正直、学校に閉じ込められていたため、外界のコロナの大変さや、社会の混乱からは切り離されて過ごしていました。そのため、卒業後に初めてコロナと共存する社会を見ました。
・手を洗わない人や、衛生状況をあまり気にしない人たちもいます。コロナの心配がある中で、そのような人たちと一緒に寮で生活をするのは時にストレスでした。

小宮さんダイニング

逆に、コロナ禍でも渡航して良かったと思うことはありますか?

・2020年9月から卒業までの2年生の一年間は全て対面授業でした。一年生時に数ヶ月オンラインだったことから、対面授業のありがたみを改めて感じ、かなり前向きに授業に取り組めるようになりました。
・コロナ禍を問わず、自分の志を強く持ち、目指す未来に向けて学び続けられたことを、嬉しく、またそのような環境を作ってくださった方みなさまに常に感謝の気持ちを持てたことです。

komiyaさん集合

コロナ禍に渡航しての留学を検討している方へアドバイスをお願いします。

不安なこともたくさんあると思います。コロナのせいで制限されてしまうこともあると思います。そこでも、自分の志、目指す未来、学びたいという気持ちを忘れずに、強く持ち続けて欲しいです。
自分の学びは留学して終わるものではなく、また留学は最終目的ではありません。この先の自分の人生の大きな一歩になるだけです。留学をした後の自分や、未来を想像して、コロナだからといって諦めることなく気持ちを続けて欲しいです。
また、延期になってしまっても”留学までに自分がさらに準備を重ねられる、更に学ぶことができる”というようにポジティブにいてほしいです。
そして、留学先や教育機関は、なによりもあなたの学びを第一優先として動いてくれます。そのような人々には、自分が学びたい留学したいと言う気持ちを伝えることで、不可能に見えることも可能になることもあります。

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。