教育学を学ぶならカナダ、アメリカ、イギリスの中でどの国が一番いいか知りたい!
見出し画像

教育学を学ぶならカナダ、アメリカ、イギリスの中でどの国が一番いいか知りたい!

教育学を学べる海外大学進学に興味のある高校1年生です。
教育学を学ぶならカナダ、アメリカ、イギリスの中でどの国が
一番いいですか?そこでしか学べない教育学の分野を教えてください。
カナダは全体的に教育水準が高いとよく聞きますが、それはカナダで
あればどこでもハイレベルな教育学を学べるということですか?

この度は留学相談ホットラインにお問い合わせを有難うございます。

ホットラインでは、具体的な大学のご紹介や個々のお手続きなどに関してのご案内はできませんので、基本情報や調べ方などをご案内します。

【参考情報】トビタテ公式HP海外進学TOP 
お役立ちガイドや最新ニュースをチェック
https://tobitate.mext.go.jp/scholarshipsearch/

まず教育水準ということですが、これは国によって教育制度が異なり、
進学率や経済状況などいろいろな側面からの判断になると思います。
カナダは州によっても教育制度が異なり、大学の多くが国立という特色は
ありますが、総合大学、専門を学ぶカレッジ、2年制大学などと他の国と同様にいろいろです。

大学を比較する場合、大学の規模、留学生の受け入れ状況、施設等の条件によるものになると思いますが、教育学を学べるという条件がある場合は、
世界大学ランキングのサイトを参考に
してみるとよいでしょう。

参考までに、QS世界ランキングサイトで、Education専攻で検索してみると、以下のような大学が見られます。
https://www.topuniversities.com/university-rankings/university-subject-rankings/2021/education-training

また、教育学はとても広範囲な専攻ので、
何を目指すのかによっても異なります。


例えば教員を目指す場合は、誰を対象にどこの国で何を教えるのかによってプログラムが異なりますし、学問として教育システムを分析研究したり、
発達学や地域研究、IT系の研究などの分野もあります。

もし具体的なものがあれば、それがどの国のどの大学で可能かという
リサーチ方法もありますが、学部課程ではどちらかというと教育学の基礎(心理学、社会学、哲学、社会政策、歴史など)一般教養的な学びが多く、大学院レベルでそれぞれの専門に進むケースが多いです。

以下のような条件も考えてみてください。
・どの国、どの地域に行きたいか
(基本、4年間過ごすことになる場所です)
・どんな環境で勉強したいか
(研究施設が充実した大規模総合大学、小規模で一人一人の教育に力を入れたリベラルアーツカレッジのような大学など)
・何を勉強したいか、それはなぜかを考える
・予算はどのくらいか 

そして、海外の大学の入学審査は書類選考ですので、その条件をクリアできるかどうかがとても重要になります。上記のご自身の希望条件や、成績や
英語力で可能な大学が、選択肢に入ってくる
ことになります。高校の成績はとても大事ですのでなるべく良い成績を残すことに力を入れ、同時に英語力アップを目指しましょう。

最後に海外大学進学の準備などに関しての動画をご紹介しておきます。
基本的なことが網羅されていますので、一度ご覧ください。

■トビタテ留学JAPAN 
高校生のための海外大学進学お役立ちガイド
https://tobitate.mext.go.jp/hs/bachelor_degree/
※ページ内、03 海外大学進学講座(オンライン配信講座)の項目から、基礎編、応用編がご視聴いただけます。

(331の相談)
#海外大学 #進学   #海外留学 #海外進学 #教育学 #カナダ #アメリカ #イギリス


文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。