海外大学院への進学方法、専攻分野の選択、エッセイに書く活動について知りたい!
見出し画像

海外大学院への進学方法、専攻分野の選択、エッセイに書く活動について知りたい!

アメリカの大学院進学を考えている大学生4年生からの相談
海外大学院への進学方法、専攻分野の選択、エッセイに書く活動について
教えてください。

留学相談ホットラインにお問い合わせを有難うございます。
大学4年生で、卒業後アメリカの大学院進学を検討されているとのことですね。
ホットラインでは、具体的な大学のご紹介や個々のお手続きなどに関してのご案内はできませんので、基本情報や調べ方などをご案内します。

【参考情報】トビタテ公式HP海外進学TOP 
お役立ちガイドや最新ニュースをチェック
https://tobitate.mext.go.jp/overseas

■海外大学院への進学方法

まず、大学院出願に何が求められるのかを理解し、準備を進めましょう。
一般的には以下のもので書類選考されます。

① 大学の成績(GPA)
②英語力証明 目安(TOEFLIBT90-100+)(IELTS7.0-7.5+)
③GRE (主に北米で大学院出願に求められる試験)
http://ac.prometric-jp.com/gre/jp/
④推薦状(教授の推薦状2-3通)
⑤出願エッセイ(研究計画や、将来のキャリア、その大学院を希望する理由など)
⑥レジュメ(履歴書のようなもの。活動履歴を含む)
⑦その他、それぞれのプログラムが要求する書類

スケジュールですが、大学卒業年の9月に海外大学院に入学するには、
大学4年生の秋~1月頃までに出願をします。
遅くても年末までには、英語力・GREおよび出願書類作成を
仕上げることになります。

もちろん、大学のプログラムによって出願締め切り日は異なりますので、
ぎりぎりまで出願可能という大学もありますが、海外の場合締め切り後に
審査ではなく、応募開始時期からよい人材がいれば合格を出していきますので早めの行動が大事です。

■現在専攻している分野と異なる分野への進学について

基本的には学部と大学院の専攻が違っても可能ですが、大学院のプログラムはより細分化してますので、専攻内容によって学部レベルの基礎が必要かどうかが異なります。
どういった内容のことを研究したいのか、どの大学でその学びが可能なのかを調べて、興味のある大学院のHPで調べてみてください。各大学のHPの出願条件にどのような学部レベルの知識が必要かも書かれていることが多いですし、必要ならば、直接大学に問い合わせをしてみることになります。

アメリカの大学を検索する場合、以下のようなサイトがあります。
分野で検索をすればリストが出てきます。
https://www.usnews.com/best-graduate-schools
https://www.gradschools.com/

■エッセイなどに書く活動について

エッセイについては、大学により課題が出る場合もありますが、志望目的や研究計画、将来のキャリアプランなどをまとめることになりますので、その中で専攻にかかわる実践活動、インターン、ボランティアなどの実績があるようであれば盛り込むとよいと思います。

(493の相談)

#留学 #留学相談 #海外進学 #海外大学院 #アメリカ

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。