マーケティングを語学を使って学びたい!台彎の大学へ進学を決意!~コロナ禍の留学リアル体験談~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

マーケティングを語学を使って学びたい!台彎の大学へ進学を決意!~コロナ禍の留学リアル体験談~

武藤悠海 MUTO YUUMI
所属大学 :天主教輔仁大學(台灣 新北市)
留学期間 :2017年9月~2021年6月
留学内容: 高校でも勉強していたマーケティングを違う言語を使って勉強し続けたいと思い、台湾の大学に進学。

コロナ禍でも渡航し、留学をしようと思ったきっかけは?

異文化理解、中国語の習得、ビジネスに関する知識の取得

コロナ禍ゆえに大変だったことはありますか?

急にオンライン授業になったり、水際対策が厳しいなどで思うように行動が取れない事もあり、大変でした。

画像1

逆に、コロナ禍でも渡航して良かったと思うことはありますか?

とにかく時間を効率的に使うことができました。そのため、就活と並行して学習も続けられました。

コロナ禍に渡航しての留学を検討している方へアドバイスをお願いします。

自分がどんなことを目的としているのかで、現地に行くか行かないかは分かれると思いますが、異文化理解や新しい事への挑戦、環境を変えたいと思う方にはぴったりです。根性論は最近あまり良しとされていない風潮がありますが、根性かなり強くなりますよ!



文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。