二重学籍になるため、日本の大学に籍をおいたまま留学することはできないのでしょうか?
見出し画像

二重学籍になるため、日本の大学に籍をおいたまま留学することはできないのでしょうか?

現在大学に在籍しておりますが、秋学期よりアメリカ留学を予定しています語学留学ではなく、学位をとれる入学許可です。
現在、アメリカの大学を卒業する予定はなく1年で日本に戻る予定です。
帰国後は、後期から現在の大学への復学を希望しています。
アメリカの秋学期は8月30日から始まり、日本の大学の前期は9月15日に終了します。大学からは上記期間が二重学籍にあたるので
休学はできないと言われましたが、大学に籍をおいたままアメリカに
留学することはできないのでしょうか。

この度は留学相談ホットラインにお問い合わせを有難うございます。

奨学金は様々なものがあり、それぞれに条件が異なりますので、こちらでは参考サイトのご紹介になりますこと、ご了承ください。

【参考情報】トビタテ公式HP海外進学TOP 
お役立ちガイドや最新ニュースをチェック
https://tobitate.mext.go.jp/scholarshipsearch/

■大学生が長期で海外留学する場合について

お問い合わせ内容を拝見させていただきました。

日本の大学生が長期で留学する場合、基本的に3通りあると思います。

①日本の大学を辞めて海外の大学に編入、あるいは入学し直して卒業する
②日本の大学を休学しての留学し帰国
③日本の大学の認定留学制度を使って一定期間海外の提携大学に留学

多くの学生が利用するのが②になると思いますが、あくまでも大学側に休学手続きを取って、その間に留学するので、単位認定などはできません。
卒業がその分伸びることになります。

休学の条件や留学の扱いは大学によってそれぞれですので、今回休学ができないということが、時期の問題なのか、手続きの問題なのかなど、こちらではわかりかねます。

在籍されている大学の問題のみだと思いますので、どのような方法が取れるのかは、担当教授などとも相談してみてはいかがでしょう。

(319の相談)
#留学 #大学生 #編入 #休学 #二重学籍 #海外大学


文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。