大学4年生で、就職をするか留学をするか進路について悩んでいます。
見出し画像

大学4年生で、就職をするか留学をするか進路について悩んでいます。

大学4年生の前期が終わりに差し掛かり
就職をするか留学をするか悩んでいます。 

この度は留学相談ホットラインにお問い合わせを有難うございます。

奨学金は様々なものがあり、それぞれに条件が異なりますので、
こちらでは参考サイトのご紹介になりますこと、ご了承ください。

【参考情報】トビタテ公式HP海外進学TOP 
お役立ちガイドや最新ニュースをチェック
https://tobitate.mext.go.jp/scholarshipsearch/

大学院はキャリアプランの第一歩にもあたりますので、専攻ありきです。
将来ご自身がどうありたいのか、どこで何をしたいのかが一番大事だと思います。

目標のために修士号や博士号の学位や勉強が必要なのであれば進学ということになりますし、まずは職歴をつけてからということであれば、仕事をスタートしてその先に留学や大学院進学を考えることもできます。

■大学院を考えるうえで必要な準備についてご案内します。

まず、大学院出願に何が求められるのかを理解し、準備を進めることになります。国や大学によって若干異なりますが、一般的には以下のもので書類選考されます。

① 大学の成績(好成績を残すように。特に3,4年の成績は大切)
②英語力証明 目安(TOEFLIBT90-100+)(IELTS7.0-7.5+)
③GRE (主に北米で大学院出願に求められる試験)http://ac.prometric-jp.com/gre/jp/
④推薦状(教授の推薦状2-3通)
⑤出願エッセイ(研究計画や、将来のキャリア、その大学院を希望する理由など)
⑥レジュメ(履歴書のようなもの。活動履歴を含む)
⑦その他、それぞれのプログラムが要求する書類

■出願までのスケジュール

スケジュールですが、北半球の大学で、大学卒業年の9月に海外大学院に入学するには、大学4年生の秋~1月頃までに出願をめざします。

オセアニアは、翌年2月の新学期を狙うのであれば、夏~秋までには出願と考えるとよいでしょう。

来年9月の場合、遅くても年末までには、英語力・GREおよび出願書類作成を仕上げることになりますので、すぐに試験対策などをはじめる必要があります。

次に、大学院は専門分野ごとに細分化されていますので、これから大学リサーチを行う際の軸を設定する必要があります。

まず大学院で何を専門に進むのかを決めて、大学検索などでプログラム候補をいくつかピックアップしながら、それぞれの大学のHPでコース内容、入学条件、出願期日、費用などをリストアップし、ご自身のリストを作成していきましょう。

現在の担当教授に相談されるのもよいと思います。出願には、推薦状をいただく必要がありますので、早い段階で相談をされた方がよいでしょう。

■大学院をプログラムで検索できるサイトをいくつかご案内します。

GradSchools.com
https://www.gradschools.com/
https://www.topuniversities.com/subject-rankings/2020
https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings

大学や専門分野のリサーチを進めていくうえで、今後の目標、可能性のあるプランなども見えてくるかもしれません。また、情報収集のためには留学エージェントの利用も有益です。

オンラインでのセミナーや個別相談も可能ですので、必要であれば相談をしてみるとよいでしょう。

(517の相談)
#海外大学院 #大学生 #海外進学 #就職 #迷う #受験スケジュール   #海外留学

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。