費用を抑えた海外留学できる国や大学、就職への影響や現状を知りたい!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

費用を抑えた海外留学できる国や大学、就職への影響や現状を知りたい!

ユタ州の高校に交換留学中の高校3年生から海外大学進学についてのご相談費用を抑えた海外留学ができる国や大学、就職への影響や現状を知りたい。

この度は留学相談ホットラインにお問い合わせを有難うございます。
奨学金は様々なものがあり、それぞれに条件が異なりますので、こちらでは参考サイトのご紹介になりますこと、ご了承ください。

【参考情報】トビタテ公式HP海外進学TOP 
お役立ちガイドや最新ニュースをチェック
https://tobitate.mext.go.jp/scholarshipsearch/

■費用を抑えた海外大学進学の例

まず、費用を抑えた海外大学進学を考える場合、やはり
その国の物価や学費に対する補助によるものが大きいでしょう。
最近ではアジアの大学への留学も盛んで、
英語圏でもあるマレーシアなどが一例です。

また、EU圏のドイツ、ポーランドなどでは大学の授業料がかからない
(あるいは一部免除)というケースもあります。
英語圏でない環境やその国独自の入学試験システムなどを前もって知っておく必要も出てきますが、興味があれば、日本学生支援機構の海外留学支援サイトなどに国別情報がまとめてありますので参考にしてみてください。
https://ryugaku.jasso.go.jp/oversea_info/region/

海外大学進学の場合、大学選択の優先順位について考えてみましょう。

・どの国、どの地域に行きたいか
・どんな環境で勉強したいか、
・何を勉強したいか、それはなぜかを考える
・予算はどのくらいか 
・高校の成績がどれくらいになるか
・英語力スコアがどのくらいか

ある程度の条件が出たら、検索サイトで専攻などの条件から大学を
ピックアップしてみて、入学条件、願書締め切り、コース内容、費用など
自分なりの志望校リストを作成するとよいと思います。
世界の大学ランキングなどからも検索可能です。
https://www.topuniversities.com/

■奨学金について

次に、奨学金について。
国費の海外留学支援制度(学部取得型)が一番大きな給付型奨学金になると思いますが、年度ごとの募集になり、2022年の入学に対して募集しています。

https://www.jasso.go.jp/ryugaku/scholarship_a/gakubu/2022.html


その他、各国政府、地方自治体、民間など様々な奨学金がありますので、
海外留学奨学金検索サイトも紹介しておきます。
https://tobitate.mext.go.jp/scholarshipsearch/
https://ryugaku-shogakukin.jasso.go.jp/

■就職について

最後に、就職ということですが、これはどこで何をしたいのかによって
個々に目指す方向が大きく変わります。今の段階でご紹介できるとすると、毎年留学生向けに、海外で開かれているキャリアフォーラムがあります。
日本の企業と多くの学生が参加しています。
https://careerforum.net/ja/event/ldn/

今後準備を進めるうえで、
コロナ禍の各国の受け入れ状況、大学の提供システムなども考慮に
入れていく必要がありますので、最新の専門情報に関しては、
留学エージェントの利用も有効
です。
進学相談、大学選択も可能ですし、オンラインでのセミナー、
カウンセリングもありますので活用してみてください。

また、海外大学進学セミナーの動画が視聴いただけます。
必要な情報が網羅されていますので、よろしければご覧ください。

(296の相談)

#留学 #留学相談 #海外進学 #大学留学 #海外留学  

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。