コロナ禍で途中帰国も、9時間の時差の中、地熱を学ぶためアイスランドへオンライン留学!~コロナ禍の留学リアル体験談~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍で途中帰国も、9時間の時差の中、地熱を学ぶためアイスランドへオンライン留学!~コロナ禍の留学リアル体験談~

増本大貴 Daiki Masumoto
所属大学:九州工業大学大学院工学府機械知能工学専攻
オンライン留学先(国):アイスランド
留学期間:2019年8月〜2021年6月(2019年8月~リアル留学) 
留学内容:地熱について、日本と同様に地熱資源を有しているアイスランドで学んでいる。


留学をしようと思ったきっかけは?
私は、もともと再生可能エネルギーに興味を持っていたこともあり、日本と同様地熱の資源をを有しており、地熱について学びを深めることが出来るアイスランドで学びたいと思い、留学を決めました。2019年8月~アイスランドへリアル留学をしておりましたが、世界的にコロナウイルスが広がった2020年3月に一時帰国。それ以降は日本にいながら、同大学でのオンライン授業を受講している形となります。留学を中途半端で終わりたくないとの思いから、日本でも学び続けるチャンスとの思いで、オンライン留学に移行しました。

オンライン留学で、具体的にどんなことを学びましたか?大変だったことは?
時差が9時間もあるため、17時~の翌2時まで授業、6時までのグループワークといった形で昼夜逆転生活を送っています。現在は家族と過ごしていることもあり、生活リズムが合わないことが悩みです。また、現地にいた頃はシェアハウスで生活していたので、他愛もない話が出来ていたことを考えると、コミュニケーション機会は減ってしまいました。

逆に、オンライン留学ならではの良かった点があれば教えてください。
日本でやりたいこともやりつつ、留学出来るというのは最大のメリットだと考えています。また、アイスランドでは高くて手に入らなかった物も、日本ではすぐに購入出来、食も困らずに生活出来るので、そういった点は良かったと感じています。

画像1

将来のビジョンは?
環境にやさしい世界の実現に貢献したいです。一個人として取り組めることは決して大きくないかもしれませんが、小さなことを積み重ね継続していくことで今ある自然を未来につなげたいと考えています。

オンライン留学を考えている方にアドバイスお願いします。
リアル留学でしか体験できないことは多くありますが、オンライン留学で得られるメリットも多くあると思います。特に海外経験がない人や経済的に留学が難しかった人にとっては一歩が踏み出しやすくなりました。世界に触れる機会があるいまぜひチャレンジしてみてください。

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。