YouTube書き起こし!【ハーバード大学の実態】誰でも受けられる!?純ジャパが語る超名門ハーバード大学受験の攻略法が凄すぎた...!【海外留学/密着インタビュー/トビタテ留学チャンネル】(前半)
見出し画像

YouTube書き起こし!【ハーバード大学の実態】誰でも受けられる!?純ジャパが語る超名門ハーバード大学受験の攻略法が凄すぎた...!【海外留学/密着インタビュー/トビタテ留学チャンネル】(前半)

本記事では、トビタテ!留学JAPANが提供するYouTubeチャンネルより、人気の動画を書き起こしでご紹介していきます!

画像1

ハーバード大学生髙島崚輔さんの自己紹介ー今日はハーバード大学に在学中の髙島崚輔さんにお話をお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。
まず、軽く自己紹介をお願いします。

髙島崚輔と言います。アメリカのハーバード大学の学部の4年になります。エネルギー工学を専攻していまして、副専攻で公共政策を専攻しています。主に再生可能エネルギーを法学の側面と、公共政策の側面で、どう言う風に日本で普及させていくか、特に都市部で普及させていくかということを勉強しています。あとはNPO法人留学フェローシップの理事長も務めています。よろしくお願いします。

留学前の海外経験とハーバード大学受験のきっかけ
ーまずそもそもハーバードにいきなり4年間行くって結構ハードルが高いと思うのですが、高校時代とかにも留学に行ってたりするんですか?

高校時代は留学経験はなくて、というよりも大学で初めて海外に長期滞在するということをしましたね、なので全くいわゆる海外経験はなかったです

ー短期留学とかもなく、海外旅行に家族でちょこっと行ったことあるみたいな?

そうですね。海外旅行とかはたまにありましたけど、そんな感じでしたね。

ーそれはどういうきっかけでハーバード大学に行こうと思ったんですか。

もともと高校2年生の冬までは日本の大学に一般入試で受験をしようと思っていたんですけれども、高校2年の1月に僕の2つ上の高校の先輩でハーバードに入学した先輩が「髙島もアメリカの大学に行った方がいいんちゃう?」みたいなことを言ってくれて、それが本当に一番最初のきっかけですね。彼は帰国子女なんですよ。で、帰国子女だったので、僕は海外経験無いんでなかなか難しいですよみたいな話をしてたら、いや、とりあえず見にきた方がいいみたいなことを言われまして、で、見に行ったのが高校2年の2月だったんですね。なので、もう本当に入試の1年切った状態で海外という選択肢を知って、ハーバードに行ったというのが本当に大きなきっかけというか、そこが最初の本当にスタートでしたね。

ハーバード大学の良さ・気に入った所
ー高校2年生で、ハーバードを見に行って、気に入ったという話だったけれども、ハーバードのどこが気に入ってハーバードにしようと思ったんですか?

人ですね。どういう人かというと、まあ学生なんですが、ハーバード生にどんなことを勉強してるの?って聞くと、本当にめちゃめちゃ楽しそうに自分がやってることをひたすら喋り倒してくるんですよね。それは学内の活動もそうだし、学外の活動もそうで、なんかもうこんなに自分が好きなことを一生懸命やっている人たちの中で勉強できたらそれは楽しいよなと思って、そこに一番惹かれましたね。


続きはYoutube「トビタテ!留学チャンネル」の動画にて!
動画内では、その他の高島さんに聞かなければわからない
ハーバード大学合格までのインタビューがまだまだ続きます。
是非、動画をご覧ください!

元動画はこちら↓↓

・ハーバード大学の受験制度についてー普通は海外大学に行くって思ったら3年まるまるかけて準備する人が多いと思うんだけれども、元々は国内大学に向けた受験勉強をしようかなとかと思っていた感じなの?
・ハーバード大学から自分が評価された部分は?ーさっきハーバードに入るのはわりとエッセイ、自分がどいういう人なのかが大きなキーだったっていう話があったと思うんですけども、自己評価で言うのは難しいかもしれないけれど、髙島さんはどこが評価されたと思いましたか。
・SATについてーSATも結構難しくて、かなり時間かけて対策する人も多いと思うんですけれど、それは1年でキャッチアップできた?
・ハーバード大学へ海外進学・留学の費用についてーちなみに、ぶっちゃけ話として、ハーバードってものすごい学費が高いと思うんですけど、ぶっちゃけ留学費用はどのくらいかかっているんですか? 

(後編に続く)



文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。