NATA(アスレチックトレーナー)留学 トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

NATA(アスレチックトレーナー)留学 トビタテ奨学生【大学生等コース】の留学ビジョン

トビタテ!留学JAPAN【公式note】

コロナ禍の今、まさに留学中のトビタテ奨学生のビジョンをご紹介します。

トビタテ生情報
名前:橋本晶子さん
学校:某看護系大学 看護福祉学部リハビリテーション学科3年
留学先:アメリカ、カリフォルニア州オレンジカウンティ
留学期間:2021年10月〜2022年7月

留学内容

午前中は語学学校に通いながら、午後からはアスレチックトレーナーのインターンシップを行なっています。カレッジのアスレチックトレーナーチームに属しており、バスケットボール、野球を始め大学にある全スポーツを対象にケア、トリートメントを指導医の元学んでいます。

コロナ禍で留学準備をする上で感じたこと、心がけたこと

2度に渡り留学延期をし、昨年春にはトビタテ留学を辞退しました。しかし、昨年夏に文科省からの渡航許可を頂き、辞退したにも関わらずトビタテ12期生として留学を許可していただきました。コロナ禍で留学が難しくても、自分の夢を思い続ければ実現するのだと思いました。トビタテ合格から出発まで1年半時間が空きましたが、留学したいという気持ちは一度も切れず、学ぶことに対する意欲も保つことができました。

留学経験を生かして実現したい志

今回の留学では将来の自分を決めるためでもあります。日本で専攻している理学療法だけに留まらず、アメリカでNATAの資格を取ることで、世界を股にかけて活躍することが目標です。大好きなスポーツに関わりながらする仕事に魅力を感じており、オリンピック、パラリンピックにも携わっていけるようなそんな将来を夢見ています。

意気込み

留学は諦めなければ絶対に実現させることができます。初めて留学する方は留学に対して恐怖心もあると思います。それでも新しい自分を見つけたい、自分の将来の幅を広げたいって思っている人は絶対に留学をするべきです。私は高校でもメキシコに1年間留学しています。そこでの1年間がとても大きく、今回のアメリカ留学にも繋がりました。色々な価値観の人がいて自分の価値観も変えてくれる。それが留学の醍醐味です。私をはじめ留学経験者は沢山います。迷っている方は是非その先輩方に頼ってほしいです。

いかがでしたか?志豊かなトビタテ生の意気込みはマガジンにて配信中!
ぜひ、他の奨学生の記事もチェックしてくださいね。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
トビタテ!留学JAPAN【公式note】
文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。