YouTube書き起こし!【東大からハーバード大学へ】1番の苦労は英語!?超名門ハーバード大学で学んだ事は〇〇...!!【海外留学/密着インタビュー/トビタテ留学チャンネル】(後半)
見出し画像

YouTube書き起こし!【東大からハーバード大学へ】1番の苦労は英語!?超名門ハーバード大学で学んだ事は〇〇...!!【海外留学/密着インタビュー/トビタテ留学チャンネル】(後半)

本記事では、トビタテ!留学JAPANが提供するYouTubeチャンネルより、人気の動画を書き起こしでご紹介していきます!

画像1

今回は、ハーバード大学生髙島崚輔さんへのインタビュー後半です。
前編の動画はこちらから!

ハーバードでの専攻内容について
ーハーバードで今実際に学んでいることの内容を教えて下さい

エネルギー工学が専攻なので、基本的には再生可能エネルギーを含めてエネルギーをどう作るか、どう発電するか、そしてどう送るか、どう配分するかみたいなことをやっています。
僕の興味関心分野は「都市部」。特に日本の都市部の中でどういうふうに再生可能エネルギーを普及させていくかっていうところなので、そういう意味では、発電もそうですが、送配電が大事なんですよね。どう送ってどう分けるかというところがすごくネックになっているので、その部分を主に今勉強しているところです。

専攻を決めるまでの経緯について
ーエネルギー工学とか都市工学などを勉強しよう、というのは、高校生の頃、ハーバードに行くのを決めたときからそう思っていたんですか?

いや、エネルギー工学までは決まっていなかったです。というより、僕、高校時代文系だったんですよ。なので、ある意味大学で理転をしたわけなんですよね。どうしてそうしたかというと、本当に高校2年生の文理選択で迷いすぎて、高校2年生では理系を選んだんですよ。ただ、将来の仕事的にお医者さんじゃないな、科学者じゃないなと思って高校3年生で文転したんですよね。国際政治とか面白そうかなと思って、政策つくるのやってみたいかなと思って文転をして。でも、高2で理系を選んだことからわかるように、理系のほうが好きだったんですよね。勉強科目としては好きで、数学とか科学とか生物とかが好きだったので、いつか掛け合わせられたらいいなみたいなことはどこかで思っていて、ハーバード大学に行きました。なので、その時点では国際政治・政策系をやろうかな。でも理系の科目活かせたらいいな。そんな感じでした。

ーエネルギー工学に決めたのはどのきっかけだったんですか。
エネルギー工学を勉強しようと思ったきっかけは、まず、エネルギーに興味を持って、その後にじゃあエネルギーを何の分野で勉強したいかなと思ったときに工学に決めたというのがプロセスだったんですけど、まずエネルギーにしようと思ったのが大学1年の3月でした。何をしていたかと言うと、春休みのときにハーバードの大学院生と一緒に福島第一原発に行くという勉強合宿みたいなものがあって、それに行ったことがきっかけでした。僕は生徒会の友達と一緒に中学・高校時代、結構東北に行ってたんですけれど、福島第一に行くのは初めてで、そこで東電の方のお話を伺ったり、避難をされている方のお話を伺ったり、現地の自治体の方のお話を伺ったりして、やっぱりエネルギーって生活の基盤であり、そのエネルギーをどういう形にしていくかっていうのがそのまま国の形を決めることに繋がるなと強く思って、エネルギーめっちゃ面白そうだなと思ったんですよね。それがエネルギーを専攻しようと思った最初のきっかけで、それでじゃあどういう方法でやろうかって話で。もともと文系だったのでエネルギー政策やろうと思ってたんですけど、翌々考えてみると政策って専門家が立てるものもいいと思うんですけど、エネルギーの場合、例えば太陽光発電がどんな仕組みで発電できるのか、今どういうような最新の技術が合ってそれをどう取り入れることによってどんなふうに値段が変わるのか、とか、技術面がわかっていないとなかなかいい制作を打てないんじゃないかなと思いまして、工学専攻に変えました。

ー工学を専攻しつつの文系の方もダブルメジャーのような?

ダブルメジャーと言うか、公共政策を副専攻にして、なのでそれこそ例えばたまに経済の授業を受けたりとかというのをやっています。


続きはYoutube「トビタテ!留学チャンネル」の動画にて!
動画内では、その他の高島さんに聞かなければわからない
ハーバード大学での大学生活を通して感じたことなどについてのインタビューがまだまだ続きます。是非、動画をご覧ください!

元動画はこちら↓


進級についてー日本の大学って入るのが難しくて卒業や進級は簡単と言わ  れるけど、アメリカは逆?
「日本とは逆で、ハーバードでは周りの学生に流されて〇〇するんです」
大学でのサークルについてーハーバードでの大学生活としては、授業を受ける以外にも自分でなにか活動をやったり、サークルに入ったりとかはしているんですか。
「アイビーリーグでラグビー。苦労したのは〇〇でした」
語学についてー英語でやっぱり最初は苦労しましたか。
「苦労しました!一番大事なのは〇〇することです」
ハーバードに進学してよかったと思うことー海外進学してよかったと思うことはなんですか。
「初めて自分が不利になる環境に身を置いて、〇〇できるようになったことです」

(動画に続く!)

文部科学省が展開する官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」。リアルな留学体験談や、留学に関する相談&回答など、留学準備に役立つ情報を発信していきます。